ブログ&ニュース

子供と行く奄美大島

ISBJORNスタッフの福島です。我が家は冬には雪山へ、春から秋にかけては海や山へキャンプに出掛けます。今回は6月に行ってきた2回目の奄美大島のキャンプを紹介します。

普段は都会で生活する我が家の9歳と5歳の二人の娘たちに自然を知ってもらおうと大自然が残る奄美大島へのキャンプを去年からはじめました。

テント、タープ、マット、調理道具、もちろん水中眼鏡や釣り竿など遊び道具も沢山持って行く。総重量は80kgなり!これを我が家のコンパクトカーに詰め込み家族全員で成田空港へGo! 空港には電話で予約しておいたパーキングの方が車を取りにきてくれるのでその場で荷物をカートに移しかえてチェックインカウンターへ向かいます。

チェックインを済ませたらあとは飛行機に乗るだけなのですが5歳の娘は生まれ持っての野生児なのか背負ってきたISBJORNのリュックと靴をどこかに忘れてきて大騒ぎ。落とし物カウンターに届いていたので一安心でしたが余裕のはずがギリギリで搭乗することになってしまいました。

約1時間半のフライトで南の楽園へ到着、飛行機を降りるとムッと湿った南国特有の空気が身を包みます。ちいさい空港なので荷物をピックアップするとすぐに予約しておいたレンタカーに荷物を積んで15分ほど走ると今回お世話になるキャンプ場Outdoor Space Koyaへ到着。

 

海が見渡せる丘の上にあって風も抜けてとってもリラックスできる僕のキャンプ場ランキングNo1居心地の良い場所です。チェックインを済ませるとすぐにテントを張ったり遊び道具を準備したりしました。気が付くとお腹が減ったのでオーナー特製のタイ料理を注文しました。これがすごく美味しくてびっくりでした。添加物を使用していないそうです。そこで奄美にいる間は普段口にしている添加剤たっぷりの駄菓子などを口にしない提案をしました。